Loading...

ブログ BLOG

お知らせ 22年1月~6月

早生まれ

もうすぐ、新年度ですね。

臨月を迎えている妊婦さんにとっては、3月の出産になるか4月の出産になるか、ドキドキされている方も多いと思います。

実は、私自身は3月の末の生まれなので、「早生まれ」の子でした。私としては、早生まれだったことで、特に問題を感じていなかったので(19歳で成人式に出席した違和感くらいでしょうか)、「早生まれでいいじゃないか」という気持ちでしたが、自分が親になってみて、保育所問題で早生まれの意味の大きさに気が付いたところです。

乳児・幼児の頃は、月齢による影響が大きいので、同じ学年の子供と比べてしまいがちですよね。首が座った時期、寝返りが出来た時期、ハイハイが出来た時期、歩き始めた時期、オムツが取れた時期・・・。子育て真っ最中の時は、他の子と比べて、うちの子は早い・・・遅い・・・と得意になったり、焦ったりしましたが、ある程度大きくなった今、大した差じゃなかったなぁと思います。大きくなったら、生まれた時期の差ではなく、個の差になってくるので、また別な焦りがありますが。

今週から、桜がきれいになってきました。当院の周りにも、たくさんの桜の木があります。

外来受診などでいらっしゃるときは、是非、桜を眺めていってください。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

川嵜 智佳

助産師

一言メッセージ

家庭では3人の子育てをしながら、元気に働いてます。育児の悩みも沢山・・・。一緒に頑張っていきましょう!!