Loading...

ブログ BLOG

お知らせ 2021年1月~7月

Tokyo Great Santa Runで 当院小児科病棟が プレゼントをいただきました

「サンタクロースは本当にいるの?友達はいないといってるよ。」
子どものころ多くの人が大人に尋ね、また大人になってから子どもに尋ねられる質問です。

8歳の少女から投書でこの質問を受けたアメリカの新聞社は、社説ではっきりこう答えました。
「そうです。サンタクロースはいるのです。あなたの友達は間違っています」

 

この新聞の掲載は、約120年前にアメリカで実際あったことで、wikipediaにも掲載されています。詳しくはぜひご覧ください。

社説では、上記に続く文章で、目に見えないからといって信じようとしないことの悲しさ、一方で、愛やおもいやりなど、目に見えなくても確かなこともあること、そしてそれを信じることの素晴らしさを、優しく丁寧に子どもに語っています。

当時よりずっと物質主義的な世の中、この社説の文章を読んで、はっとさせられる方は多いのではないでしょうか。

 

当院で先日行われた、「Tokyo Great Santa Run」による病棟へのプレゼントとイベントに参加しながら、この実話のことを久しぶりに思い出しました。

 

「Tokyo Great Santa Run」とは、グレートサンタラン・オーガニゼーション様が主催するチャリティイベントです。例年、病気と闘う入院中の子どもたちを支援することを目的に、サンタクロースの衣装に身を包んだ参加者が、楽しみながら散策できるランイベントを実施されています。
今シーズンはコロナのために、ランイベントはやむなく中止に。。。しかし、スポンサー企業様のご協力とクラウドファンディングによって支援金が集まり、これをもとに、当院小児科病棟にクリスマスプレゼントをいただきました!

●東京グレートサンタラン ウェブサイト
https://santarun.jp/

 

12月21日当日、プレゼントをいただいたほかに、オンラインで外部とつなぎ、リモートによるデジタル紙芝居やクイズコーナーも実施いただきました。遠隔から操作するデジタルキャラクターと子どもが違和感なく会話でき、大人も最新の技術に驚きながら十分楽しめました。

グレートサンタラン・オーガニゼーション様、またご支援をいただいたみなさま、とても楽しいひとときをありがとうございます。いただいたプレゼントやイベントでのコミュニケーションをとおし、皆さまのお気持ちが確かに届きました。

 

サンタはやっぱり、いるのです🎅

榊原の広報を担当する榊原広報マンでした。

この記事を書いた人

榊原広報マン

広報

一言メッセージ

いけずな京都人がキライな、いけずな京都人。